サロン’s キッチン

サロン’s キッチンへようこそ!こちらでは、中鎖脂肪酸を普段の食事のなかに上手に取り入れるための、市販のココナッツオイルや中鎖脂肪酸100%のオイル(MCTオイル)、パウダータイプ(MCTパウダー)の簡単な使い方やお料理のレシピをご紹介します。

ココナッツオイルやMCTオイル&MCTパウダーを上手に使おう 簡単にエネルギーアップするための基本について 「食べたい」「食べて欲しい」をサポートします!

中鎖脂肪酸は、一般的な植物油に比べて、消化吸収が早く、エネルギーになりやすいという特徴があります。

Q 脂肪酸ってなに?
Q 脳の栄養不足を助ける中鎖脂肪酸

● 少量でエネルギーアップが必要なお子様や高齢者の方 ● 食事のたんぱく質量を気にする方 ● 食事量が減ってエネルギーアップしたい方

ココナッツオイルの特長

南国を思わせる天然の甘い香りが特長のバージンココナッツオイル。
ココナッツミルクとともにエスニック料理などによく使われますが、意外とおしょうゆとの相性もよいので、和風料理にも活用してバリエーションを広げましょう。
また、25℃前後よりも低い温度では固まりますので、バターのようにパンに塗ったり、冷たいものにかけてパリパリにした食感を楽しむなど、色々な使い方が楽しめます。冬場に固まった場合は湯せんして溶かしてお使いください。
香りが苦手な方には、香りの少ない精製タイプもございます。

MCTオイルの特長

味や匂いが少なくさっぱりした油なので、油っぽくなく、料理や飲み物にかけたり、まぜたりして、簡単にエネルギーアップができます。
ごはん、おかゆ、麺類、卵料理、調味料(マヨネーズ、ドレッシングなど)、スープ、味噌汁、ヨーグルトなどにまぜてもおいしくお召し上がりいただけます。

MCTパウダーの特長

油浮きが気になるような料理にも幅広く使えるように、MCTを粉末にしたものです。油脂成分としてMCTを100%使用しています。
溶かした時に白くにごりますので、ポタージュスープやシチューなど、牛乳を使う料理がおすすめです。
卵料理、ひき肉にまぜると、いつもの料理と同じ見た目で、コクのある風味に仕上がります。一般的な食用油では油っぽさを感じてしまうような料理も、おいしくエネルギーアップできます。

さっと出来る簡単レシピ MCTオイルとMCTパウダーのおすすめの簡単な使い方

↓下の写真をクリックしてください。

  • ごはんに
  • 飲み物に
  • 調味料に
  • スープに

※食材、調味料、飲み物にかけたり、まぜたりした後は、なるべく早めにお召し上がり下さい。

さっと出来る簡単レシピ

閉じる
中鎖脂肪酸サロン 「毎日の食事で一工夫」のヒント